So-net無料ブログ作成

NSRのバッテリー交換 [バイクいじり]

先日手配した、NSRのバッテリーが届いたので、早速装着したいと思います。

新品のGSユアサ「YT4L-BS」。
今回のは中国製のようです。
インターネットで安いところを探して発注。
すぐ、届きました。
箱は2個口でバッテリー本体と電解液。

DSC_02681.JPG

白い箱の方が電解液。
中身は「希硫酸」ですので、作業時には注意書きにあるように慎重に作業します。

バッテリー本体の上部に張られているシールをはがす。
黄色いテープで張られているネジを、無くさないように電極にセット。
電解液の容器の蓋になっている、黒いキャップを外す。
バッテリーの蓋になるので捨てないで取って置く。
電解液の容器の銀色のシールは、はがさない。
バッテリーに差し込む際、電解液をこぼしやすいので、はがさず、バッテリー本体に差し込む。
そのままにしておけば電解液を均等に入れることが出来る。
電解液の容器を多少トントン叩いて、全部が落ちきるようする。
残さず全部注入。
蓋(黒いキャップ)をしっかりと叩き込んで密閉する。
念のため、バッテリー充電器で、充電。

DSC_02711.JPG

NSRのシートを中央のボルトを緩めて外し、シート下の古いバッテリーを外します。
バッテリーのマイナス端子を外して、

DSC_02691.JPG

カバー蓋を開けて、プラス端子を外すと、バッテリが外れる。

DSC_02701.JPG

逆の手順で、新しいバッテリーを装着して完了。

では、早速、エンジン始動・・・というところでしたが、


”キックペダルが降りません”


エンジンが回りません。
ギヤはニュートラルで、タイヤは空回りします。
逆に1速に入れると、タイヤが回らないので、キックペダル関係でもないです。

燃焼室、ピストン、クランク、プライマリーギヤ辺りですか。
キックペダルの強固なロック状態を考えると、引きずりとかではなさそうです。
元々動いていたエンジンを放置しただけなので、焼き付きや部品の破損は考えられない。

手近なところで、プラグを抜いたら、ガソリンがたっぷり出てきました。
燃焼室がガソリンで充満しているため、圧縮できずにピストンが動かず、クランクが回らなかったようです。
ひとまず、厄介な水とかクーラントでなくて良かった・・・


最終的には、ガソリンコック、キャブレターのフロートバルブ、フロート室のオーバーフロー経路の確認が必要のようですが、とりあえず、溜まったガソリンを抜いて、エンジンかけたいと思います。

天気が良い日を選んで、外でバラす予定。
ガレージ汚れるのイヤだし、ガレージの空気がガソリンで充満しそうだから。



はっ・・・ミッションオイルもダメか・・・
何か、最初から手間取ってるなぁ

nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:バイク

nice! 4

コメント 6

かみさま

あれれ(((^_^;)

まぁ~普通に始動したら面白くないよね(笑)
by かみさま (2011-06-07 20:21) 

HIRO

こんにちは。
お疲れ様でした。
折角だからしっかり直して下さい。
by HIRO (2011-06-07 21:27) 

magic-capsule

かみさまさんへ

そこは素人メカニックっぽく、つまづきながら行く予定ですので、
お楽しみに  プププッ(* ̄m ̄)ノ彡☆ばんばん!!
by magic-capsule (2011-06-08 18:50) 

magic-capsule

HIROさんへ

時間があれば、ガソリンコックの分解修理ぐらいの気持ちがあります。
普通やらないところに、どれほど入れるか・・・頑張ります(^▽^;)>゛
by magic-capsule (2011-06-08 18:57) 

magic-capsule

xml_xslさんへ

nice!ありがとうございます。
by magic-capsule (2011-06-08 19:17) 

magic-capsule

TSさんへ

nice!ありがとうございます。
by magic-capsule (2011-06-09 18:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。